【長州力総選挙】結果1位は藤波戦「天龍・ジャンボ鶴田の順位は何位にランキング?」

TV

6月26日にプロレスラーの長州力が現役引退ということで『お願い!ランキング』では長州力の大ファン100人にアンケートし、ファンがガチで選ぶスゴイ試合ベスト5が発表されます。

果たして長州力ファンは、どの試合をスゴイ試合として選ぶのか?

気になる『長州力総選挙』のランキング結果ををネタバレで、ご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『長州力総選挙』第5位「アンドレ・ザ・ジャイアント戦」74pt

1984年6月1日 高松市文化センター「長州力 VS アンドレ・ザ・ジャイアント」

〇アンドレ・ザ・ジャイアント(5分57秒 体固め)長州力●

<ファンが選んだ理由>

・何と言っても持ち上げられたこと!

・ボディスラムで投げつけたところがハンパなかった!

・プロレスは勝ち負けだけじゃない!インパクトが大事!長州さんがアンドレを投げた!これがインパクト!何十年経っても語られる!

『長州力総選挙』第4位「天龍源一郎戦」95pt

1993年1月4日 東京ドーム「長州力 VS 天龍源一郎」

〇天龍源一郎(18分14秒 エビ固め)長州力●

1993年 東スポプロレス大賞 年間最高試合賞(ベストバウト)を受賞

<ファンが選んだ理由>

・キレイな技を決めるつもりはない!

・テクニックではなく魂!魂をすり減らしてガンガンぶつかり合う!

・天龍との試合が面白かった!

 

スポンサーリンク

『長州力総選挙』第3位「安生洋二戦」99pt

1995年10月9日 東京ドーム「長州力 VS 安生洋二」

〇長州力(4分45秒 サソリ固め)安生洋二●

<ファンが選んだ理由>

・現場で見てましたけど一方的にボコボコにしていた!

・長州にとっての目の上のタンコブだったUWFを今日で潰す!物凄い気迫!

・安生を滅多打ち!

『長州力総選挙』第2位「ジャンボ鶴田戦」102pt

1985年11月4日 大阪国際文化ホール「長州力 VS 安生洋二」

△ジャンボ鶴田(60分 フルタイムドロー)長州力△

長州力、唯一の60分フルタイムドロー

<ファンが選んだ理由>

・日本人同士のバックドロップ対決!あれは最高だった!

・勝負がつかなかった!

・感動したのは鶴田戦ですね!鶴田との60分フルタイム!

『長州力総選挙』第1位「藤波戦」401pt

1983年4月3日 蔵前国技館 WWFインターナショナルヘビー級選手権「長州力 VS 藤波辰爾」

●藤波辰爾(16分36秒 体固め)長州力〇

<ファンが選んだ理由>

・やっぱり藤波との試合が印象深い!

・長州 VS 藤波 あの2人がいなかったらプロレスに出会ってなかった!

「噛ませ犬」とにかく言葉の響きが強烈!

・反体制派に感銘を受け長州のこと大好きになりました!

・長州の中で最も重要な試合 対藤波戦の4.3!日本人同士でライバルで体固めで決めた!完全に長州が格を上げた試合!

以上『長州力総選挙』の順位結果でした。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました