【電車の持ち込み荷物】制限サイズの大きさと禁止物一覧「自転車の料金は有料?無料?」

節約術

皆さんは電車に持ち込める荷物の大きさに制限があることをご存知ですか?

さらに電車に持ち込んではいけない禁制品もあり、禁制品の持ち込みが発覚すると以降の乗車ができない上に、重量に応じた小荷物運賃の10倍、危険物なら1kgあたりの増運賃を支払わなければなりません。

何も知らずに禁制品や危険物を持ち込んでしまうと以降の乗車ができないばかりか、思いもよらない運賃を取られて大損してしまうことさえあります。

そこで電車に持ち込むことができる荷物の大きさや数、種類、無料、有料、禁制品、危険物についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

電車で持ち込める荷物の大きさの制限は?

携帯できる荷物で、縦×横×高さの3辺の合計が250cm(長さは2mまで)以内で、重さが30kg以内のものを2個まで持ち込むことができます。

宅急便でも縦×横×高さの3辺の合計が160cm、重さが25kg以内までなのに、電車では宅急便の大きさを遥に凌ぐサイズの荷物を2個まで持ち込めるとは驚きです。

ここまでの荷物が持ち込めるのであれば、近場の引っ越しなら電車で持ち込めるサイズの荷物を自分で運んで、引っ越し代を節約することだってできてしまいますし、家電や組み立て式の家具を電車で買いに行って、手持ちで持ち帰ってくることだってできてしまいます。

引っ越し費用が安い時期や曜日はいつ?引っ越し料金の節約術10選で紹介!

基本は縦×横×高さの3辺の合計が250cm(長さは2mまで)以内で、重さが30kg以内のものを2個まで持ち込むことができますが、荷物の種類によってはサイズが違ったり、有料となってしまうものがあります。

それでは、どのような荷物が無料となるのでしょうか?

電車で持ち込める荷物で無料のものは?

旅行用のバッグ、スーツケース、スポーツ用品、楽器、娯楽用品、玩具、その他、携帯できる荷物であれば、縦×横×高さの3辺の合計が250cm(長さは2mまで)以内で、重さが30kg以内のものを2個まで無料で持ち込むことができます。

さらにスポーツ用品、楽器、娯楽用品などは長さの制限を超える場合であっても、車内で立てて携帯できるものは専用の袋、ケースなどに収納するようにすれば持ち込むことができます。

サーフボードは専用の袋に収納したもの、サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は解体して専用の袋に収納したもの、または折りたたみ式自転車は折りたたんで専用の袋に収納すれば、持ち込むことができます。

たまに自転車を解体していなかったり、折りたたみ式自転車を折りたたんでいなかったり、専用の袋に入れていなかったりする方を見かけますが、それはルール違反ですので、必ずルールは守るようにしましょう。

またルール違反というわけではありませんが、電車が混む時間帯には他の乗客に迷惑がかかってしまうので、大きな荷物を持ち込む際は持ち込みを断られることもあるため、混雑する時間帯は大きな荷物の持ち込みは避けましょう。

あと自転車等の大きな荷物を持ち込む場合は一番前の車両の運転席の後ろなど、荷物が邪魔にならない場所に置くといいですよ!

他には身体障害者補助犬法に定める盲導犬、介助犬、聴導犬を使用者本人が随伴する場合は無料です。

サイズで言えば車イスは長さ×高さが120cm以内で、幅が70cm以内のものであれば持ち込むことが可能です。

 

スポンサーリンク

電車で持ち込める荷物で有料のものは?

長さ70cm以内で、縦×横×高さの合計が90cm程度のケースに入れた小犬、猫、鳩、または、これらに類する小動物(猛獣やヘビの類を除く)で、ケースと動物を合わせた重さが10kg以内のものであれば1個につき280円です。

有料の荷物を持ち込む際は、ご乗車になる駅の改札口などで荷物を見せて、普通手回り品切符を購入して乗車するようにしましょう。

また小動物は他の乗客の迷惑になりますので、駅や車内ではケースから絶対に出さないようにしましょう。

有料ではありますが、小動物まで持ち込めるので、電車では何でも持ち込めると思ってしまいがちですが、そもそも電車に持ち込めない持ち込み禁止品もあります。

電車に持ち込めない禁制品や危険物は?

乗客に危害を及ぼす恐れのある危険品(可燃性液体、高圧ガス、火薬類、毒物、農薬等)、暖炉及びこん炉(新品で購入した時のように箱に入っていて稼働できない状態のものなら、持ち込むことは可能です)、遺体、動物、不潔又は臭気で、他の乗客に迷惑をかける恐れのあるもの、車両を破損する恐れがあるものは電車内に持ち込むことはできません。

動物に関しては盲導犬、介助犬、聴導犬や有料で持ち込めるもの以外の動物になります。

また危険品を収納している疑いがある時は乗客立ち合いの元、荷物を点検することがありますので、禁止品は絶対に持ち込まないようにしましょう。

以上がJRの電車で持ち込める荷物ですが、それ以外の鉄道会社も基本的には、ほぼ同じようなルールとなっています。

私鉄によってはJRで有料の小動物が無料だったりするので、JR以外の私鉄を利用する際には私鉄各社に聞いてみて下さい。

参考になりましたら幸いです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました