【日比谷野音 音漏れスポット3選】エレカシライブが無料で楽しめる?「出待ち場所も紹介」

節約術

日比谷野外音楽堂(通称:日比谷野音)は日比谷公園の中にあるコンサート会場で、会場的にも広い会場ではないのに加えて野外にあるため、ドーム会場などと比べて音漏れがとてもよく聞こえ、ライブの音漏れ参戦には最も適した会場の1つであると言えます。

人気のアーティストのライブでチケットが手に入らなかった方、チケット代はないけどライブの音だけでも楽しみたい方だけでなく、日頃から節約を心がけていて、無料で楽しめるイベントに行こうと思っている方にもオススメの日比谷野音の音漏れ&出待ちスポットを、ご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

日比谷野音はアクセスが最高でキャパ的に音漏れ参戦に最適!

住所

・東京都千代田区日比谷公園1-5

日比谷公園内には日比谷野外大音楽堂と日比谷公会堂があるので、間違えないように注意して下さい。

アクセス

・東京メトロ丸ノ内線「霞ヶ関駅」下車 B2出口より徒歩3分

・東京メトロ日比谷線、千代田線「日比谷駅」下車 A14出口より徒歩3分

・東京メトロ日比谷線「霞ヶ関駅」下車 A5出口より徒歩4分

・東京千代田線「霞ヶ関駅」下車 C4出口より徒歩3分

・都営地下鉄三田線「内幸町駅」下車 A7出口より徒歩3分

・JR山の手線、京浜東北線「有楽町」または「新橋駅」下車 日比谷口出口より徒歩15分

地図を見てもわかる通り、日比谷野音の周りには駅が集中しているので、非常にアクセスがいいです。

収容人数

・3038名(座席2653名、立見席385名)

収容人数が少ないので、人気のあるアーティストの場合、チケット入手がかなり困難になります。

使用時間

・9:00~21:00

使用時間が21時までと決まっているので、ライブの時間が21時を超えることはありません。

ですので、ライブは土日の夕方~夜にかけて行われることが多いです。

 

スポンサーリンク

日比谷野音の最適な音漏れスポットはどこ?最適音漏れスポット3選を紹介!

日比谷野音の最適な音漏れスポットは3つあります。

日比谷野音の最適な音漏れスポット①日比谷図書文化館周辺

日比谷野音の隣に日比谷図書文化館があり、図書館のエントランスの階段をベンチ代わりにして音漏れライブを楽しむ方が結構います。

さらにライブ当日が雨だった場合、図書館前のエントランスには屋根があるので、雨宿りをしながら音漏れを聞くことができます。

ただ人気のあるアーティストのライブだと、かなりの激戦になってしまうことは間違いないかと思われます。

日比谷野音の最適な音漏れスポット②かもめの広場と郷土の森 噴水周辺

日比谷野音の裏に、かもめの広場と郷土の森があり、日比谷野音のステージの裏というだけあって、かなりの音漏れが聞こえてきます。

さらに噴水周辺にはベンチがあるので、座りながら音漏れライブを楽しむことができます。

こちらも人気のあるアーティストのライブだと、かなりの激戦になってしまうと思われるので、ライブ前は早めにベンチを確保しておくことをオススメします。

日比谷野音の最適な音漏れスポット③雲形池周辺

日比谷野音入口の近くに雲形池があり、日比谷野音のステージからは少し離れますが、音漏れライブは十分に楽しめます。

日比谷図書文化館周辺と、かもめの広場と郷土の森 噴水周辺が音漏れ参戦者でいっぱいだった場合には、雲形池周辺で音漏れライブを楽しみましょう。

ちなみに日比谷公園は夏だと蚊や虫などが多いので、音漏れ参戦する場合は、予め虫よけスプレーなどを使用してから参戦するようにした方がいいですよ!

 

スポンサーリンク

日比谷野音の音漏れライブはエレカシがオススメ!出待ちスポットも紹介!

キャパ的に日比谷野音でライブをするのは昔ヒット曲を出したベテラン歌手や、売り出し中の若手アーティストが多い印象ですが、たまにドームクラスを埋められる人気アーティストがライブをすることがあります。

2002年10月5日にはB’zが日比谷野音でライブをし、チケットが取れなかった音漏れ参戦者が大挙訪れ、ボーカルの稲葉さんがMCで、会場の中から会場の外の人へ声かけをするということがありました。

また2016年6月4日にはMr.Childrenが日比谷野音でライブをし、こちらもチケットが取れなかった音漏れ参戦者が大挙訪れました。

このようなビッグアーティストも稀にライブをする日比谷野音ですが、あくまで稀なケースだと思っている方もいると思いますが、実は大物アーティストでありながら、毎年、日比谷野音でライブをしているアーティストがいます。

それがエレファントカシマシです。

なんと1990年から30年連続で日比谷野音でライブを開催していて、今年も7月6日(土)開場16:30 開演17:30、7月7日(日)開場16:00 開演17:00にライブを開催します。

エレカシの日比谷野音のライブは毎回、かなりの音漏れ参戦者がいるので、音漏れスポットを参考に早めに最適な音漏れスポットを確保して下さい。

エレカシは30年連続で日比谷野音でライブを開催しているので、来年以降も開催する可能性が高いので、エレカシのライブはかなりのオススメです。

さらに10月には矢沢永吉やKing Gnuのライブがあります。

矢沢永吉

EIKICHI YAZAWA SPECIAL LIVE『THE STAR IN HIBIYA 2019』

2019年10月12日(土)16:00(開場)17:00(開演)無料招待 (当選者のみ来場可)

King Gnu

Live Tour 2019 AW

2019年10月22日(火・祝)16:30(開場)17:30(開演)全席指定4500円

どちらもチケットが当選せずに、かなりの数の音漏れ参戦者が訪れる可能性が高いので、音漏れスポットを参考に早めに最適な音漏れスポットを確保して下さい。

今後の日比谷野音でのライブスケジュールはコチラでご確認下さい。

また出待ちスポットですが、日比谷野音裏に楽屋入り口と駐車場があり、そこから出演者が出てきます。

出待ちは警備員に指示され、日比谷野音裏に楽屋入り口と、かもめの広場と郷土の森の通路で待ち、一定の距離がある場所から出演者が乗った車を見送る形になります。

アーティストによっては車の窓を開けて手を振ってくれる場合もあります。

出待ちはライブによっては禁止されている場合もあるので、ライブ終了後、日比谷野音裏に楽屋入り口と、かもめの広場と郷土の森の通路周辺で様子を見て、他の出待ちの方が並び始めて出待ちが可能そうであれば一緒に並ぶようにしましょう。

参考になりましたら幸いです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました