パスワードの管理方法は手帳とノートがオススメ!暗証番号の決め方は自動生成で時短しよう!

時短術

LINE、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSのアカウントを作成するのには、必ずパスワードが必要になってきます。

それ以外にも、Amazon、楽天などの通販サイトやネットバンキングでも必ずパスワードが必要になってきます。

利用するサービスが多くなればなるほど、毎回パスワードを考えるのが面倒くさくなって、ついつい自分の誕生日とか、電話番号とか、覚えやすくて簡単なものにしてしまっていませんか?

安易に簡単なパスワードにしてしまうと、すぐにパスワードがバレてしまってアカウントを乗っ取られてしまう可能性が高く、非常に危険です。

さらにパスワードを使い回していたりすると、SNSのアカウントが乗っ取られてしまうだけでなく、そこからオンラインショッピングで不正利用されたり、ネットバンキングで不正送金されたりしてしまうことさえあるのです。

自分の大事な個人情報や資産を守るためにも、パスワードの設定とパスワードの管理方法は鉄壁なものにしておきたいものです。

そこで簡単にパスワードを盗み出されないようにするためのパスワードの設定方法と、パスワードの管理方法をまとめてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アカウント乗っ取り対策のためのパスワード設定方法!

銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどの4桁の暗証番号の場合、誕生日や電話番号の下4桁などにしてしまいがちですが、こんな簡単な暗証番号は簡単に見破られてしまうので、絶対にやめましょう。

それ以外に危険なパスワードとしては初期パスワードのままにしていたり、ユーザー名やアカウント名とパスワードを同じにしていたり、姓や名前をそのまま使用していたり、車のナンバーや住所の一部と同じにしたりするのも危険なので、絶対に使わないようにしましょう。

とにかく自分とは全く関係のない暗証番号やパスワードにすることが大事です。

そうは言っても、暗証番号やパスワードが簡単に思い浮かばないという方も多いと思います。

暗証番号やパスワードを考えるのには時間もかかってしまうので、そういう時はパスワード自動生成サイトなどで自動生成するのがオススメです。

パスワード自動生成サイトであれば完全にランダムでパスワードが生成されるので、自分に関係のあるパスワードになることもありませんし、自分で考える手間も省けて便利です。

さらに重要なのはパソコンのブラウザにパスワードを保存しないことです。

特にオンラインショッピングやネットバンキングなどのお金が絡むものは、パソコンのブラウザに保存すると、パソコンを使われたら簡単にログインされてしまいます。

ですので、パソコンで「パスワードを保存しますか?」と表示されても、パスワードは保存せずに毎回、自分でパスワードを入力するようにした方が、よりセキュリティー面では安全になります。

多少、面倒くさいですが、自分の大事な個人情報や資産を守るために以上のような点に気を付けていきましょう。

ということでまとめると…

①初期パスワードのままにしておかない。
②自分に関係する暗証番号やパスワードを使用しない。(誕生日、電話番号の下4桁、ユーザー名、アカウント名、姓、名前、車のナンバー、住所の一部)
③パスワードは自動生成サイトなどで自動生成する。(「パスワード 生成」で検索すると、パスワード自動生成サイトがたくさん出てきますので、お好みのサイトでランダムなパスワードを作って下さい。)
④パスワードを使い回さない。(アカウントごとにパスワードを変える。)
⑤ブラウザにパスワードを保存しない。

ここまでやれば簡単にパスワードを破られることはなくなりますが、その一方で、ランダムなパスワードにすると覚えるのが大変ですし、さらに使い回さずにアカウントごとにパスワードを変えると、パスワードの量も多くなってしまうので、パスワードの管理がどうしても大変になってきてしまいます。

そこで、ここからは安全なパスワードの管理方法をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

安全なパスワードの管理方法!

ノートや手帳などの紙でパスワードを管理する。

最もアナログな方法ですが、ネットが発達した現代では、オフラインで管理するアナログな方法が最も有効な方法になります。

ですので、ノートや手帳などにパスワードをまとめて管理しましょう。

ただ持ち歩いていて落としてしまったりした場合には、大変なことになってしまいますので、基本的に外に持ち歩くのはやめましょう。

そうは言っても、外出先で使うパスワードも多いので、そうもいかないとは思います。

また家に置いていても、空き巣の被害に遭ってしまう可能性もありますので、紙でパスワードを管理する場合は外出先で絶対に落とさないようにするのと、家に置いておく場合は空き巣の対策として、絶対に見つからない場所に置くようにして下さい。

他にはノートや手帳にパスワードの途中まで書いて、残りの下何桁かは全部同じパスワードにして、紙と自分の頭の中とで記憶して管理するという方法もあります。

これであればノートを落とそうが、手帳を落とそうが、空き巣に見つかっても、パスワードを破ることは難しいでしょう。

パスワード管理ソフトやアプリで管理する。

パスワード管理ソフトやアプリは無料なものから有料なものまでたくさんありますが、結局はネットにつながっていればハッキングされる可能性はあります。

使用するのであれば、なるべく評判が良かったり、信用できるものを使用するようにしましょう。

参考になりましたら幸いです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました