ポイントの達人菊池崇仁が教える最新5強ポイントカード比較とお得な使い方や裏技を紹介!

節約術

スーパー、コンビニ、ファーストフード、百貨店など、今やどこのお店でもポイントカードがあるので、誰でも1枚以上は必ずポイントカードは持っていることと思います。

ただし、せっかくポイントカードを持っていても、上手く活用できていない方も多いのではないでしょうか?

そこで6月28日放送の『ノンストップ!』では、60種類のカードを使いこなすポイント事情に詳しいスペシャリストの菊池崇仁さんが、イオン参入で共通ポイントカードの5強時代に突入した最新共通ポイントカードの使える店舗や還元率、そして、お得な使い方や裏技までを紹介してくれましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

5強最新共通ポイントカード比較!

スーパー

・WAON POINTカード:2350店舗(イオン、MaxValu、ダイエー、まいばすけっと、ピーコックストア)
Tカード:598店舗(マルエツ、東武ストア、レッドキャベツ、ヤオマサ、マミーマート、富士シティオ、リウボストア、タウンプラザかねひで)
Pontaカード:10店舗(ライフ)
楽天ポイントカード:なし
dポイントカード:なし

スーパーで比較するとWAON POINTカードで使える店舗の数が圧倒的に多いです。

次にTカードですが、WAON POINTカードと比べると使える店舗数が4分の1程度にまで減少してしまいます。

スーパーをよく利用するならWAON POINTカードは持っておいた方がいいでしょう。

コンビニ

WAON POINTカード:2187店舗(ミニストップ※今後導入予定)
Tカード:1万1812店舗(ファミリーマート)493店舗(スリーエフ)
Pontaカード:1万1662店舗(ローソン)
楽天ポイントカード:6253店舗(サークルKサンクス)507店舗(ポプラ)
dポイントカード:1万1662店舗(ローソン)

コンビニに関しては普段よく使うコンビニのカードを作っておけば、かなりお得になります。

ファーストフード

・WAON POINTカード:なし
・Tカード:ロッテリア
・Pontaカード:ケンタッキーフライドチキン
・楽天ポイントカード:ミスタードーナツ
・dポイントカード:マクドナルド

WAON POINTカード以外は、それぞれのファーストフード店で使えるので、これも普段よく行くファーストフードのカードを作っておけば、かなりお得になります。

百貨店

WAON POINTカード:なし
Tカード:伊勢丹
Pontaカード:なし
楽天ポイントカード:大丸、松坂屋
dポイントカード:高島屋(※8月から開始予定)

百貨店では金額が大きい買い物をすれば、かなりのポイントがつくので、百貨店で使えるポイントカードは、かなりお得ですね!

還元率

WAON POINTカード:200円で1ポイント
Tカード:100円~200円で1ポイント
Pontaカード:100円で1ポイント
楽天ポイントカード:100円~200円で1ポイント
dポイントカード:100円で1ポイント

還元率はWAON POINTカードが一番低いですが、普段よく使うスーパーなので、低くても貯まりやすいということです。

 

スポンサーリンク

WAON POINTカードのお得な使い方!

WAON POINTカードはポイントをプレゼントできる!

WAON POINTカードはポイントを合算して購入することができます。

例えば1万2000円の買い物をする時に、父が5000ポイント、母が4000ポイント、子供が3000ポイントと、それぞれにポイントを持っている場合に、それぞれのポイントを合算して使うことができてしまいます。

これは家族だけではなく友達同士でも合算してまとめて使うことができるので、かなり便利です。

ポイントをまとめるには「Smart WAONアプリ」というスマホのアプリを使えば、すぐにポイントをプレゼントして合算することができます。

歩くだけでポイントがもらえる!

スマートフォンで「RenoBody」と検索してアプリを入れると、1日8000歩で1WAON POINTがもらえます。

歩くだけでポイントがもらえるので、普段よく歩く方には、かなりお得な機能になります。

ポイントの達人菊池崇仁さんが教える裏技!

裏技①ポイントはお試し引換券で利用!

お試し引換券とはローソンの店頭端末Loppiで発行される商品引換券のことで、Pontaやdポイントと交換で手に入れることができます。

お試し引換券はローソンがイチオシ商品を格安で提供し、様々な商品の味を知ってもらうために行っているサービスで、例えば149円のコーヒーが60ポイントで交換できたりするのです。

ラインナップは毎週火曜日と金曜日に更新されます。

お試し引換券は数量限定なので試すならお早めに!

裏技②2枚のカードでダブルポイントを狙え!

ローソンではPontaカードを提示して1%のPontaポイントが貯まり、さらにdカードで決済すれば、dカードのポイントも1%貯めることができます。

dカードはdカードGOLDというdポイントとクレジット機能を搭載したカードで、実はクレジットカードと共通ポイントカードは併用可能なのです。

一度の買い物で2つのポイントを貯めることができるという、何ともお得な裏技です。

裏技③入店するだけでポイントが貯まる店を探せ!

スマートフォンアプリの「楽天チェック」は自分のいる場所の近くにある共通ポイントがGETできる店が表示され、店についたら赤いボタンを押すと、楽天スーパーポイントが貯まるという仕組みになっています。

買い物をしなくても楽天スーパーポイントを貯めることができてしまうという、何とも便利なアプリです。

裏技④移動中もアプリでポイントをゲット!

「スーパーポイントスクリーン」というスマホの無料アプリに出てくる写真をタッチすると、画面に広告が表示され、5秒間見るだけで1ポイントをゲットできてしまいます。

通勤時間や休憩中の暇な時間にチェックしてポイントを貯めちゃいましょう。

裏技⑤勝手にポイントが貯まるATMを利用すべし!

新生銀行はTポイントに加盟しており、ファミリーマートなどにあるATMで、お金を入金や引き出すことで、Tポイントが10ポイント貯まります。

手数料は無料で、月2回までポイントを貯めることができます。

これらの裏技を使い菊池さんは1日で合計58ポイントをGETしていました。

これを1カ月繰り返せば1460ポイントになるので、まさに塵も積もれば山となるですね!

1年なら21170ポイントにもなるので、ぜひこれらの裏技を参考にして、たくさんのポイントを貯めて好きな物を買う足しにしてみてはいかがでしょうか?

参考になりましたら幸いです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました