【瞬間接着剤のはがし方】手指についたら放置は危険?「服・床の落とし方も紹介」

生活

物が壊れた時や工作など、様々な場面で瞬間接着剤は使われますが、便利な反面、厄介なのが手についたり、服(衣類)につけてしまったり、床(フローリング)に落としてしまったりすると、その強力な接着力から落とすのが大変になってしまいます。

しかも、指と物がくっついてしまったり、指と指がくっついてしまったりして取れなくなると、パニックになってしまうこともあります。

そんな時に焦らず対処することができように、手(指)、服(衣類)、プラスチック、床(フローリング)、机(家具)、金属、ガラスに瞬間接着剤がついてしまった時の落とし方をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

瞬間接着剤が手(指)についた時の落とし方!

瞬間接着剤を使用していて、瞬間接着剤がついた手で物に触ってしまって指と物がくっついてしまったり、指と指がくっついてしまったりすることがよくありますが、焦って物や指同士を強引に引き剥がそうとすると指の皮膚まで剥がれてしまうので、まずは焦らずに落ち着きましょう。

そんなに焦らなくても、ちゃんと手についた瞬間接着剤は落とすことができます。

40度以上のお湯につけて揉み洗いをする!

40度以上のお湯を貯め、そこに瞬間接着剤がついてしまった手をつけます。

そして指を揉むように擦りながら石鹸などを使用して洗えば、手についた瞬間接着剤を落とすことができます。

ただし、手についた瞬間接着剤を落とすまでには時間がかかってしまうので、急を要する場合には他の方法をオススメ致します。

除光液を使って落とす!

時間がない時にはマニキュアの除光液をティッシュやタオル、コットンなどに染み込ませて、瞬間接着剤がついてしまった部分に染み込ませて拭き取りましょう。

除光液にはアセトンという成分が含まれており、このアセトンが瞬間接着剤を溶かしてくれます。

除光液の中にはアセトンが含まれていないノンアセトン除光液もありますので、瞬間接着剤を落とすためにはアセトンが含まれている除光液を使用して下さい。

また大量のアセトンを吸引すると頭痛や気管支炎を引き起こす場合があるので、除光液を使う際には必ず換気をするようにして下さい。

市販の瞬間接着剤専用の剥がし液を使って落とす!

市販で瞬間接着剤専用の剥がし液が売っています。

100均によっては瞬間接着剤専用の剥がし液が売っている場合もありますが、お近くの100均に売っていない場合は、家庭で使用する瞬間接着剤が手についたぐらいで、わざわざ買うのは勿体ないので、100均で入手しやすい除光液を使用した方が経済的に安く済むので、節約にもなります。

以上の方法でも完璧に落とすことができない場合がありますが、普段の生活で手を洗ったり、お風呂に入ったりしているうちに、皮膚の新陳代謝とともに瞬間接着剤は落ちていくので、ある程度、落とすことができれば少し手にザラザラとした違和感はあるかもしれませんが、気にせず放置しておけば自然と落ちていきますし、目元などの人体の危険な場所についたわけでなければ、放置しておいても特に問題はないので、心配せずに気長に落ちるのを待ちましょう。

 

スポンサーリンク

瞬間接着剤が服(衣類)についた時の落とし方!

手に瞬間接着剤がついた場合は、お湯や除光液でキレイに取れなかったとしても、皮膚の新陳代謝とともに時間が経てばキレイに落とすことができますが、服(衣類)の場合は人間の皮膚のように新陳代謝なんかありませんから、瞬間接着剤を落とす難易度は、どうしても上がってしまいます。

しかしながら、難易度が上がってしまうものの、瞬間接着剤を落とす方法はあります。

除光液を使って落とす!それでもダメならアセトンの原液を使って落とす!

瞬間接着剤が手についた時にも使用した除光液ですが、瞬間接着剤が完全に乾く前であれば効果を発揮します。

瞬間接着剤が乾く前に服(衣類)にガーゼを乗せ、除光液をコットンに染み込ませて、ガーゼの上にコットンを置いてトントンと叩いて、下のガーゼに瞬間接着剤を染み込ませていきます。

ガーゼの上にコットンを置いてトントンと叩いて、下のガーゼに瞬間接着剤を染み込ませる作業をガーゼを取り換えて2~3回程度、繰り返し、水洗いをしましょう。

それでも落ちない場合は除光液では弱いので、アセトンの原液を使って同じ作業を繰り返しましょう。

アセトンの原液を使用する場合は除光液よりも強いので、換気をするのはもちろんのこと、使い捨てのマスクとビニール手袋を着用するようにして下さい。

除光液、ガーゼ、コットン、使い捨てマスク、使い捨てビニール手袋は100均で入手することができます。

またアセトンの原液は大型ホームセンターで入手することができます。

アイロンを使って落とす!

瞬間接着剤は熱に弱いので、アイロンの熱で瞬間接着剤を溶かすことで、落とすことができます。

瞬間接着剤がついた服(衣類)の上下にガーゼを挟んで、60度前後に設定したアイロンをかけ、ガーゼを取り換えて2~3回程度、繰り返し、接着剤が落ちているのを確認しましょう。

クリーニングに出して落としてもらう!

クリーニング店で瞬間接着剤が服(衣類)についてしまったことを説明し、クリーニング店で落とすことができるのか聞いてみましょう。

対応しているお店であれば、お金はかかりますが、クリーニング店に出すのが一番、手っ取り早い方法です。

手と違って服(衣類)の場合は、瞬間接着剤がついてしまうと落とすのがなかなか難しいため、瞬間接着剤を使う際には、汚れても問題ない服に着替えてから使用するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

瞬間接着剤がプラスチックについた時の落とし方!

瞬間接着剤がついた手でプラスチックを触ってしまうことはよくありますが、プラスチックの場合は、除光液や瞬間接着剤専用の剥がし液などのいわゆるアセトンが含まれるものを使用すると、プラスチックが溶けてしまう可能性があるので、アセトンで落とすことができません。

そこで使用するのがサンドペーパー(紙やすり)です。

サンドペーパー(紙やすり)で落とす!

サンドペーパー(紙やすり)で瞬間接着剤を削るわけですが、瞬間接着剤がついていない部分も削らないように、まずは瞬間接着剤がついた部分の周りにマスキングテープを貼ります。

あとは瞬間接着剤がついた部分を削るだけです。

サンドペーパー(紙やすり)は100均で入手することができます。

サンドペーパー(紙やすり)は番号で粗さが違い、プラスチックを削るのには#1000~#2000のサンドペーパー(紙やすり)を使いましょう。

序盤は目の粗い#1000で削り、瞬間接着剤が落ちてきたら、目の細かい#2000を使って仕上げるようにしましょう。

瞬間接着剤が床(フローリング)についた時の落とし方!

瞬間接着剤を床(フローリング)に落としてしまうこともよくあります。

賃貸物件に住んでいる場合は退去する際に余計な修繕費を取られかねませんので、なるべくならキレイに落としておきたいですよね!

そこで気になる瞬間接着剤が床(フローリング)についた時の落とし方をご紹介致します。

除光液を使って落とす!

床(フローリング)によっては除光液のアセトンでコーティングが落ちたり、色落ちしたりしてしまいますので、まずは床(フローリング)の端など、目立たない場所で除光液をつけても大丈夫なのかを確認して下さい。

床(フローリング)に問題がなければ、除光液を染み込ませたガーゼをトントンと叩くようにして拭き、ガーゼを交換しながら瞬間接着剤が落ちるまで繰り返します。

もし除光液で床(フローリング)に問題が発生する場合は、プラスチックを落とす時と同様に、サンドペーパー(紙やすり)を使用して落として下さい。

床(フローリング)の場合も、瞬間接着剤がついた部分以外を傷つけないように、瞬間接着剤がついた部分以外はマスキングテープを貼って、傷がつかないように防護しましょう。

瞬間接着剤を使う時は床(フローリング)に落としてしまう可能性があるので、予め床に新聞紙を敷くなどしておきましょう。

瞬間接着剤が机(家具)、金属、ガラスについた時の落とし方!

瞬間接着剤がついた手で机(家具)、金属、ガラスを触ってしまって、瞬間接着剤の白い跡が机(家具)、金属、ガラスについてしまうこともよくあります。

瞬間接着剤の白い跡がついてしまうと結構気になってしまうものなので、なるべくならキレイに落としておきたいですよね!

そこで気になる瞬間接着剤が机(家具)、金属、ガラスについた時の落とし方をご紹介致します。

除光液を使って落とす!それでもダメならサンドペーパー(紙やすり)を使って落とす!

机(家具)、金属、ガラスは除光液で落とすことができます。

落としきれなかった場合は、サンドペーパー(紙やすり)を使ってキレイに削り落としましょう。

瞬間接着剤を使う時の注意点!

・瞬間接着剤を使う時は予め除光液を用意しておく。
・瞬間接着剤を使う時は汚れても問題ない服に着替える。
・瞬間接着剤を使う時は予め床(フローリング)に新聞紙を敷く。

瞬間接着剤を使う際に以上のことに気を付ければ、瞬間接着剤のトラブルを必要最小限に抑えることができますので、瞬間接着剤を使う際には事前準備をしっかりするように心がけましょう。

参考になりましたら幸いです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました